和歌と短歌はいずれも三十一文字(みそひともじ)の韻文、ですがその歌風は大きく異なります。
というわけで今回は和歌と短歌における詠むべき心情、いうなれば「歌の心」の違いで遊んでみたいと思います。
※ここでいう「短歌」とは、明治期に提唱された写実的な歌風を指します

→関連記事「和歌と短歌の違い(3) ~まとめ編(主観と客観)~
→関連記事「和歌と短歌の違い(2) ~歌ことば編~

この記事の音声配信「第二回 和歌と短歌の違い」を
Youtubeで聴く
iTunes Podcastで聴く

以下に和歌と短歌を合わせて10首、ランダムに並べてみました。
いずれが和歌で短歌か判別してみましょう!
※歌人名はイニシャル表記としています

(一)「春風の 花を散らすと 見る夢は さめても胸の 騒ぐなりけり」(S.N)
(二)「はたらけど はたらけど猶 わがくらし 楽にならざり ぢつと手を見る」(I.T)
(三)「武蔵野に 秋風吹けば 故郷の 新居の郡の 芋(いも)をしぞ思ふ」(M.S)
(四)「白露も 時雨もいたく もる山は 下葉残らず 色づきにけり」(K.T)
(五)「夕立の 雲もとまらぬ 夏の日の 傾く山に ひぐらしの声」(S.N)
(六)「ひぐらしの 谷中の杜の 下陰を 涼みどころと 茶屋立てにけり」(M.S)
(七)「白妙の 袖の別れに 露おちて 身に染む色の 秋風ぞふく」(F.T)
(八)「夕されば 大根の葉に 降る時雨 いたく寂しく 降りにけるかも」(S.M)
(九)「柔肌の 熱き血潮に 触れもみで 寂しからずや 道を説く君」(Y.A)
(十)「思ひつつ 寝ればや人の 見えつらむ 夢と知りせば 覚めざらましを」(O.K)

お分かり頂けたでしょうか? 多分それほど難しくなかったと思います。
短歌をどう定義するかにもよりますが、ここでは明治期に提唱された写実的な韻文をそれとしました。
彼ら明治期の歌人は伝統的な和歌をぶっ潰すつもりで運動していましたから、上記に挙げた和歌と短歌の違いは、実は明白であって然るべきなのです。

で、回答はというと。
「和歌」は一(西行※佐藤則清)、四(紀貫之)、五(式子内親王)、七(藤原定家)、十(小野小町)、
「短歌」は二(石川啄木)、三(正岡子規)、六(正岡子規)、八(斎藤茂吉)、九(与謝野晶子)です。

「貫之は下手な歌よみにて古今集はくだらぬ集に有之候。」
古典和歌攻撃の急先鋒、正岡子規は「歌詠みに与える書」というのを度々執筆して、執拗に和歌を攻撃します。
その中で子規は「写生」つまり見たままの現実を写し取ることを、歌の真意としました。
→関連記事「歌よみに与ふる書に与える書

ですから(二)のように「苦労にまみれた手」や(三)(六)(八)のように食べ物に関するものを平気で歌に入れます。
ようは人間の生き様を「直接」に表現するのです。
ちなみに(三)の「芋」には「妹」が掛けられているでしょう。「妹」は万葉集でよく使われ、「彼女」といった意味です。素直でおおらかな詠みぶりの「万葉集」を高く評価しユーモアに富む子規らしい歌ですね。

(九)は与謝野晶子の有名な恋歌です。これは(十)の小野小町の歌とどう違うか?
これも明らかだと思いますが、パッション! です。
「触れもみで」なんて積極的に誘うことは、「待つ女」を理想とする平安歌人は絶対詠みません。
→関連記事「小野小町 ~日本女性の恋愛観のルーツ~

一方で子規にケチを付けられた紀貫之は、古今和歌集の仮名序でこう記しています。
「世の中にある人 こと わざしげきものなれば 心に思ふことを見るもの聞くものにつけて 言ひいだせるなり~」

大切なのはこの一文、「心に思ふことを見るもの聞くものにつける」。抒情を叙景に託くすということですね。
つまり和歌とは「間接」に詠むことが真意であり、短歌との根本的な違いはこの点にあります。

和歌と短歌、どちらが優れているというものではありません。
ただこうやって比較なんぞしてみると、「みそひともじ」のまた違った顔が見えて面白いです。

→関連記事「和歌と短歌の違い(3) ~まとめ編(主観と客観)~
→関連記事「和歌と短歌の違い(2) ~歌ことば編~
→「わくわく和歌ワークショップ
(書き手:内田かつひろ)

708446


 
「四季を味わうルールブック」~古今和歌集で知る日本文化の基本~

「日本は四季が素晴らしい! 」なんて言葉をよく聞きます。
ではその素晴らしい四季、みなさん堪能していますか?
おそらく大半の方は、春の「お花見」、秋の「紅葉狩り」を楽しむ程度に終始しているかと思います。
しかし本来、日本の四季はもっと多様でもっと深く味わえるものなのです。
それで満足しているなんて、私としては「もったいない」としか言いようがありません。
みなさんが日本の四季を十分に味わえていないのには理由があります。
それは四季ひいては日本文化を鑑賞するための「ルールを知らない」のです。
そして他ならぬこのルールブックこそが「古今和歌集」なのです。

本書では古今和歌集の四季(春夏秋冬)歌に焦点を絞り、分かりやすく解説しています。
これをご覧いただき、日本の四季を堪能するための「基本ルール」を身に付けていただければ幸いです。


 
書籍版「百人一首の歌人列伝」

平成和歌所から本が出ました。その名も「百人一首の歌人列伝」!
百人一首は歌ではなく「歌人を楽しむ」ものです。厳選した百人一首二十歌人の面白エピソードと代表歌をぜひ知ってください。
これを読めば「はるか昔にいた正体不明のオジサン」だった歌人たちが、グッと身近に感じられることでしょう。
そして本書を読み終わった後、あらためて百人一首を一番から眺めてみてください。
王朝の歴史絵巻が紐解かれ、つまらなかったあの百首歌たちが息吹を宿し、断然おもしろく感じられるはずです。


わくわく和歌ワークショップ
 
はじめての古今伝授と連歌会

平成和歌所では、誰でも歌を楽しめる「あさぎいろ連歌会(Word Association Game)」を行っています。日本語の「ことばあそび」を存分に楽しみましょう。