古今和歌集とは、日本を日本たらしめる根源的な存在いわば「日本美のバイブル」です!
総歌数1100首の縦横無尽に、現代へも連綿と流れる日本美のエッセンスが流れています。

まず縦に流れるエッセンス、それは「部立」に見ることができます。

部立とはいわゆる歌のカテゴリーです。
古今和歌集は20の部立で構成されていますが、「四季(6部)」と「恋(5部)」で全体の半数以上(702首)を占め、歌集の2大カテゴリーとなっています。
そしてこの二つは、以後の日本文化の二大関心事になりました。

「四季」。
文学、画、芸道など狭義の文化はもちろんのこと、一人ひとりの生活習慣に至るまで、春夏秋冬、花鳥風月への関心を払わないなんて皆無と言っていいでしょう。
→関連記事「和歌の入門教室 四季の景物一覧表

そして「恋」。
ここで重要なのは「愛」ではなく、「恋」であることです。
互いに求めて得られる充足の感情を「愛」だとすれば、求めても決して得られない希求の感情が「恋」。
この孤独で残酷な叫びを「美」としたのが古今和歌集なのです。
→関連記事「5分でわかる恋歌の全て ~古今和歌集 恋歌残酷物語(総集編)~

「四季」と「恋」。
移り行き、決して留めることのできないものへの希求が日本文化の本質にあるのです。

横に流れるエッセンスは、歌の「配列」にあります。
実例として、古今和歌集の第一首から数首見てみましょう。

1「年のうちに 春はきにけり ひととせを 去年とやいはむ 今年とやいはむ」(在原元方)
2「袖ひぢて むすびし水の 凍れるを 春立つけふの 風やとくらむ」(紀貫之)
3「春霞 たてるやいづこ みよしのの 吉野の山に 雪はふりつつ」(よみ人しらす)

年が明け、春風が吹き、霞の中雪が降る…
このように歌は「時系列」に順じ並んでいます。しかもわざわざ「年内立春」から始めるこだわりよう。
→関連記事「日本美の幕開け! 年内立春の歌に紀貫之の本気をみた

「恋」も同様です。
469「ほととぎす なくやさ月の 菖蒲草 あやめもしらぬ 恋もするかな」(よみ人しらす)
470「音にのみ きくの白露 夜はおきて 昼は思ひに あへすけぬへし」(素性法師)
471「吉野河 いは浪たかく 行く水の はやくぞ人を 思ひそめてし」(紀貫之)

まだ噂でしか知らない人、恋に気づき、思い悩む日々が始まる…

万葉集にも四季の花や恋心を見事に歌い上げる歌は幾首もありますが、そこにあるのは個別の一風景に過ぎません。
古今和歌集は違います。
紀貫之たち古今和歌集の選者が理想美を追求した結果、「四季」と「恋」を恣意的にシステム(体系)化し、全体として四季と恋の「物語」を作り上げたのです。

「春」は梅の香を楽しみ、桜の散る姿に心を寄せ、「秋」は月に物思いする。
そして女は「待ち」、男は「忍ぶ」という恋の様式。
→関連記事「小野小町 ~日本女性の恋愛観のルーツ~

古今和歌集で紡がれた物語は、日本文化の理想的な「型」となって今も連綿と受け継がれています。

紀貫之は古今和歌集の「仮名序」でこう記しています。
「たとひ時移り 事去り 楽しび哀しびゆきかふとも この歌の文字あるをや(略)歌の様をも知り この心を得たらむ人は 大空の月を見るがごとくにいにしへを仰ぎて 今をこひざらめかも」

大空の月を見上げる様に昔の日本への思いを寄せれば、古今和歌集が出来た時代を恋慕わないことなんてない…
時代は移ろえど、私たち日本人は和歌によって繋がっているのです!
→関連記事「貫之様にインタビューしてみた ~古今和歌集 仮名序妄訳~

まさに古今和歌集は「日本美のバイブル」。
これを知らないなんて、「もったいない」としか言いようがありません。

古今和歌集が後世の文化に与えた影響

impact

見ていただいて分かるように、日本文化のほとんどは古今和歌集の影響下にあるといえます。
つまり我々は日本人であるかぎり、古今和歌集を源流とする美意識の流れの中に生きているのです。

昨今クールジャパンなどと日本文化を囃し立てる風潮が高まっていますが、表層だけを切り取ることに終始し、根本を知ろうとする意識はほとんど見られません。
日本文化を本気で楽しもうと思ったら、源流である古今和歌集に立ち返るのは必然なのです。

古今和歌集は決して遠い存在ではありません。
気づかないだけで、我々の近くに寄り添っているのです。

それに気づけば、いつもの辟易とした日本文化が新鮮に映ることはもちろん、道端の花や月といった身近な風景も必ず違って見えるでしょう。

古今和歌集はあなたの価値観いや、人生をも変える可能性を秘めているのです!

(書き手:内田かつひろ)

「写真歌会 あさぎいろ」
あなたも和歌・短歌を詠んでみませんか? 平安歌人になりきって「和歌」と四季折々の情景(写真)をご披露いただけます。
わくわく和歌ワークショップ
わくわく和歌ワークショップ

平成和歌所では文化の源泉である「和歌」を楽しむ2つのワークショップを開催しています。

①和歌のインプット
「大人のための百人一首講座」
②和歌のアウトプット
「みんな詠み人! 平成歌合せ♪」
和歌マニア♪ 日本文化の王道をあそび倒す!
ラジオ 和歌マニア♪

古典和歌を爆笑エンターテイメントとしてトコトン遊び倒していく番組です。 ニンマリ笑って、けっこうタメになる! 和歌DJウッチーこと「内田かつひろ」と英語講師「ろっこ(rocco)」の鋭い突っ込みでお送りします。

Youtubeで聴く iTunes Podcastで聴く