和歌の春。
残雪と若葉のみずみずしいコントラスト。木々を染める薄紅の艶やかな色どり。
心も踊る鮮やかな色彩が季節を染めます。

同じく夏。
その初旬を染めるのは「藤」や「あやめ」に見える「紫」です。

でもこの「紫」、なんだかモヤモヤしているのです。
まさにPurple Haze(パープルヘイズ)!

このモヤモヤの原因は、色から受ける妖しいイメージにあるのでしょうか?
そうではありません。
今回はこの「紫のモヤモヤ」の謎に迫りたいと思います。

この記事の音声配信「第27回 あやめと紫草のもやもや紫」を
Youtubeで聴く
iTunes Podcastで聴く

まず「あやめ」のモヤモヤ。
古今和歌集の恋歌から一首ご紹介しましょう。

469「ほととぎす 鳴くや五月の あやめぐさ あやめもしらぬ 恋もするかな」(よみ人しらず)
あやめも知らぬ恋とは、「文目」つまり筋道も分からない恋という意味です。
あやめの花模様が「複雑な編目」であることから、このように例えて歌に詠まれました。

古今和歌集にみえる「あやめ」はこの一首のみですが、新古今和歌集には複数の「あやめ」歌があります。

新220「うちしめり あやめぞ香る ほとときす なくや五月の 雨の夕暮れ」(藤原良経)
あれ? あやめって「香り」が詠まれるような強い芳香がありましたっけ?

新223「なべて世の うきになかるる あやめくさ けふまでかかる ねはいかが見る」
新224「なにごとと あやめは分かで 今日もなほ 袂にあまる ねこそたえせね」(紫式部)
あやめの美しさは何といっても紫色の「花」だと思いますが、なぜ縁語として「ね(根)」を強調しているのでしょうね?

新1240「かたかたに 引き別れつつ あやめくさ あらぬねをやは かけむと思ひし」
これもそうです「ね(根)」が縁語になっています。さらに不可解なのは、なぜわざわざ引っこ抜いたか? ということです。

同じ「あやめ」でも、古今集と新古今集では詠まれ方が全く異なっています。
なぜなんでしょう? すごいモヤモヤします。

それもそのはず、実は古今集と新古今集では異なる「あやめ」を詠んでいたのです。
古今集の「あやめ」はその花模様を詠んでいるように「あやめ」です。
しかし、新古今集のそれは強い「芳香」や「根」を詠んでいることから、「草菖蒲」を詠んでいたのです。

「草菖蒲」は邪気を払うと信じられたほど、その強い芳香が特徴です。
※端午の節句ではこの草菖蒲を軒につるしたり湯に入れたりして邪気払いします
またその「根」は「根合せ」といって、長短を競い合う遊びが行われていました。

この混乱の発端は「花菖蒲(はなしょうぶ)」にあると考えます。
実は「あやめ」、漢字で書くと「菖蒲」なのです。翻って「しょうぶ」も「菖蒲」と同じ字を当てる。
しかも「菖蒲(あやめ)」と「花菖蒲(しょうぶ)」は見た目がそっくり…
こりゃ大混乱不可避ですね。

つまり古今集と新古今集の間に「あやめ」→(花が似ているから)「花菖蒲」→(同じ「しょうぶ」だから)「草菖蒲」と連想が繋がり、新古今集では「あやめ」と言いつつ「草菖蒲」のことを歌に詠んでいるのではないでしょうか。
この混乱は、秋の「萩」、「荻」、「薄」を彷彿とさせますね…
→関連記事「秋の大混乱、荻と萩と薄
※もし古今集の「あやめ」が「草菖蒲」だとしても、「文目模様」の由来にモヤモヤが残ります

ちなみにこの混乱に「杜若(かきつばた)」が参入してくると、いっそう紫のモヤモヤに拍車をかけます。
「いずれ菖蒲(あやめ)か杜若(かきつばた)」

あまり深追いするとモヤモヤの深みから抜け出せなくなりそうです。

さて、紫のモヤモヤはもう一つあります。
「紫草」です。

867「紫の ひともとゆゑに 武蔵野の 草はみながら あはれとぞ見る」(よみ人しらず)
868「紫の 色こき時は めもはるに 野なる草木ぞ 別れざりける」(在原業平)
新994「春日野の 若紫の すり衣 しのぶの乱れ かぎり知れず」(在原業平)

「紫草」も「あやめ」と同じように初夏に花をつけます。
ただこの花の色、かわいらしい「白」なのです。

またモヤモヤしてきましたね。
なぜ「白」なのに「紫」なのか?

実は「紫草」、花ではなく「根」が紫なのです。
紫草はその根を粉にして生地を染めると鮮やかな紫色になるため、昔から染料として用いられていました。

ご存知の通り「紫」は高貴な色。
それを染める「紫草」が僅かでも存在すれば、あたり全部が華麗に思える…
上の歌「紫の ひともとゆゑに…」に見えるのは、そんな紫色への憧れと慕情です。

ちなみにこの「紫」が物語のキーになった作品があります。
「源氏物語」です。

「手に摘みて いつしかも見む 紫の 根にかよひける 野辺の若草」(光源氏)
藤壺から「紫の上」、「女三の宮」へと繋がる「縁」(二人とも藤壺の姪)は、「紫のゆかり」といわれ、それへの源氏の異様な執着が数々のエピソードを生みました。

ちなみに「赤しそ」のふりかけで「ゆかり」というネーミングの商品がありますが、この「紫のゆかり」が由来なのでしょうね。

さて、初夏のパープルヘイズは晴れたでしょうか?
些細な記事で恐縮ですが、地味(じみ)で辺(へん)鄙な話題こそ、ネタにするのが平成和歌所です。

(書き手:内田かつひろ)


古今伝授と茶飲み連歌会
 
集まれ数寄者! 「はじめての古今伝授と茶飲み連歌会」

平成和歌所では、誰でも歌を楽しめる茶飲み連歌会を開催しています! 数寄に通じている人も、初心者の方も、誰もが楽しめる歌会です。一緒に風雅の誠を探求しましょう!


 
「四季を味わうルールブック」~古今和歌集で知る日本文化の基本~

「日本は四季が素晴らしい! 」なんて言葉をよく聞きます。
ではその素晴らしい四季、みなさん堪能していますか?
おそらく大半の方は、春の「お花見」、秋の「紅葉狩り」を楽しむ程度に終始しているかと思います。
しかし本来、日本の四季はもっと多様でもっと深く味わえるものなのです。
それで満足しているなんて、私としては「もったいない」としか言いようがありません。
みなさんが日本の四季を十分に味わえていないのには理由があります。
それは四季ひいては日本文化を鑑賞するための「ルールを知らない」のです。
そして他ならぬこのルールブックこそが「古今和歌集」なのです。

本書では古今和歌集の四季(春夏秋冬)歌に焦点を絞り、分かりやすく解説しています。
これをご覧いただき、日本の四季を堪能するための「基本ルール」を身に付けていただければ幸いです。


 
書籍版「百人一首の歌人列伝」

平成和歌所から本が出ました。その名も「百人一首の歌人列伝」!
百人一首は歌ではなく「歌人を楽しむ」ものです。厳選した百人一首二十歌人の面白エピソードと代表歌をぜひ知ってください。
これを読めば「はるか昔にいた正体不明のオジサン」だった歌人たちが、グッと身近に感じられることでしょう。
そして本書を読み終わった後、あらためて百人一首を一番から眺めてみてください。
王朝の歴史絵巻が紐解かれ、つまらなかったあの百首歌たちが息吹を宿し、断然おもしろく感じられるはずです。