77314df63ebd59e2e84095936fd2b40f_s
和歌の美を言葉で説明することは大変です。なにせ目に見えないものですからね。
とはいえ「なんとなくいいね~」では終われないのが職業歌人です。
歌の優劣を他者に説明できてこその専門家なのです。

藤原定家ともなると、様々な表現で「歌の美」を説明しています。
「定家十体」と言われるのが有名ですが、特に定家が重要視したのが歌論書「近代秀歌」にある「余情妖艶」です。

「余情」を辞書で調べると、「後に残る、深い印象」といった解説がなされています。
思えばこの余情の美は、和歌だけでなく日本文化全体に横たわっています。
例えば茶道、「余情残心」といって接客後の反省を重んじます。
また武道においても、剣道では打突後の「残身」が美しくないと一本になりませんし、相撲で勝った後のガッツポーズが好ましくないのも、余情を重んじるがゆえだと思います。

ただ定家の場合は「余情」に「妖艶」がプラスされていますから、ちょっとニュアンスが異なりそうです。

定家の「余情妖艶」を理解するために歌論書「近代秀歌」を見てみましょう。

#『むかし貫之、歌の心たくみに、丈および難く、詞強く、姿おもしろきさまを好みて、余情妖艶の体を詠まず』
とあり、紀貫之は「余情妖艶」を詠まなかったと言っています。
貫之の歌といえば?
そう理知的でレトリックを駆使した歌ですね。
余情妖艶とはこういう技巧的な歌とは相反するスタイルのようです。
→関連記事「紀貫之 ~雑草が咲かせた大輪の花~

#『それよりこのかた、その流れをうくるともがら、ひとへにこの姿におもむく』
貫之以後「余情妖艶」は詠まれず、貫之流の技巧的な歌ばかりが詠まれてきたと言っています。

では「余情妖艶」はだれが詠んでいたのか、それが分かるのが以下の一文です。

#『…(中略)僧正遍昭と言われる花山僧正・在原業平中将、素性法師、小野小町が後、絶えたる優れたる歌のさま…』
六歌仙のメンバー、僧正遍昭、在原業平、素性法師、小野小町が失せた後、優れた歌は絶えてしまった、と嘆いています。
つまり彼ら4人の歌こそが優れていて、これこそが技巧と相反する「余情妖艶」の歌だということです。

ただ数多の浮名を流した在原業平はまだしも、僧正遍昭、素性法師の両名は「妖艶」のイメージとは遠い気がします。
ここはやはり「小野小町」でしょう。

古今和歌集の仮名序において、紀貫之は小野小町をこう評しています。
#『あわれなるやうにて、つよからず。いわばよき女のなやめるところあるに似たり』

この一文、
「よき女のなやめるところ」が余情妖艶と深く関係がありそうですね。

小町の歌を具体的に理解するために、古今和歌集に選出された歌をみてみましょう。
なんといっても代表はこれですね。

113「花の色は うつりにけりな いたづらに わか身世にふる ながめせしまに」(小野小町)

老いという抗えない運命に身をやつす女…
定家自身が選出した百人一首にも採られてるくらいですから、
ここで歌われる「なやめる女」の姿が「余情妖艶」といえるかもしれません。

引き続き、他の歌も探ってみます。
小町の歌は古今和歌集に18首採られていますが、実は四季歌は上の(春上)「花の色…」のみで、過半数(13首)は恋の歌です。
そしてそこには、「老いに悩むかつての美女」とは別の小町がみえます。

552「思ひつつ 寝ればや人の 見えつらむ 夢と知りせば 覚めざらましを」(小野小町)
553「うたたねに 恋しき人を 見てしより 夢てふ物は 思みそめてき」(小野小町)
554「いとせめて 恋しき時は むば玉の よるの衣を 返してぞきる」(小野小町)
656「うつつには さもこそあらめ 夢にさへ 人めをよくと 見るかわびしさ」(小野小町)
657「限なき 思ひのままに 夜もこむ 夢路をさへに 人は咎めじ」(小野小町)
658「夢路には 足も休めず 通へぢも うつつにひとめ 見しことはあらず」(小野小町)

「花の色…」と同じように見えるのは「なやめる女」
ただそれは「老い」ではなく「叶わぬ恋」
→関連記事「小野小町 ~日本女性の恋愛観のルーツ~

現実では不可能でも、せめて夢で愛しい人に逢いたい…
「余情妖艶」とは絶望にあって唯一の希望、「夢」の余韻なのです。

「春の夜の 夢の浮橋 とだえして 峰にわかるる 横雲の空」(藤原定家)
この歌こそが定家が示す「余情妖艶」の極致なのだと思います。

→関連記事「恋の和歌、その物語を5分で知る! ~恋歌残酷物語(総集編)~

(書き手:内田かつひろ)

 

平成和歌所から本が出ました。その名も「百人一首の歌人列伝」!
百人一首は歌ではなく「歌人を楽しむ」ものです。厳選した百人一首二十歌人の面白エピソードと代表歌をぜひ知ってください。
これを読めば「はるか昔にいた正体不明のオジサン」だった歌人たちが、グッと身近に感じられることでしょう。
そして本書を読み終わった後、あらためて百人一首を一番から眺めてみてください。
王朝の歴史絵巻が紐解かれ、つまらなかったあの百首歌たちが息吹を宿し、断然おもしろく感じられるはずです。

【目次】
・権中納言定家(藤原定家) 「怒れる天才サラリーマン」
・鎌倉右大臣(源実朝) 「甘えん坊将軍、鎌倉の海に吠える」
・在原業平朝臣(在原業平) 「愛され続けるプレイボーイ」
・和泉式部 「恋にまっすぐな平安ジェンヌ」
・紀貫之 「雑草が咲かせた大輪の花」
・凡河内躬恒 「麗しき二番手の真価」
・西行法師 「出家はつらいよ、フーテンの歌人」
・小野小町 「日本的、恋愛観のルーツ」
・源俊頼朝臣 「閉塞感をぶち壊せ! 孤独なチャレンジャー」
・式子内親王 「色と光を自在に操る印象派の女王」
#コラムその1 百人一首とは「王朝の栄枯盛衰物語」である!
・後鳥羽院 「お前のものは俺のもの、中世のジャイアン」
・菅家(菅原道真) 「悲劇の唇が吹く イン・ア・サイレント・ウェイ」
・崇徳院 「ここではないどこかへ」
・清少納言 「元祖! 意識高い系OLの可憐なる日常」
・柿本人麻呂 「みんなの憧れ、聖☆歌人」
・権中納言敦忠(藤原敦忠) 「禁断と破滅、平安のロミオとジュリエット」
・中納言家持(大伴家持) 「流れるままに。家持たぬ家持の万葉オシャンティー」
・後京極摂政前太政大臣(九条良経) 「天才貴公子が奏でるロンリネス」
・伊勢 「女貫之の冷たい仮面」
・能因法師 「元祖旅の歌人のノー、インドア宣言! 」
・皇太后宮大夫俊成(藤原俊成) 「和歌界のゴッドファーザー」
#コラムその2 百人一首は「ジジイのための歌集」である!

わくわく和歌ワークショップ はじめての古今伝授と連歌会

平成和歌所では、誰でも歌を楽しめる「あさぎいろ連歌会(Word Association Game)」を行っています。日本語の「ことばあそび」を存分に楽しみましょう。

和歌マニア♪ 日本文化の王道をあそび倒す! ラジオ 和歌マニア♪

古典和歌を爆笑エンターテイメントとしてトコトン遊び倒していく番組です。 ニンマリ笑って、けっこうタメになる! 和歌DJウッチーこと「内田かつひろ」と英語講師「ろっこ(rocco)」の鋭い突っ込みでお送りします。

Youtubeで聴く iTunes Podcastで聴く
「写真歌会 あさぎいろ」
あなたも和歌・短歌を詠んでみませんか? 平安歌人になりきって「和歌」と四季折々の情景(写真)をご披露いただけます。