現代において「和歌」は詠むどころか、その単語自体を耳にすることも皆無です。
もしかして「和歌」は文化の絶滅危惧種ではなく、既に絶滅してしまったのでしょうか?
なにせ宮内庁で行われる伝統的な「歌会」においても、歌は「短歌」と記されているくらいですから。

念のため、何度もしつこいようですが「和歌」と「短歌」は180度異なるものです。
明治期になって「和歌」から「短歌」に変わった、というような解説は全くデタラメだと言っていいでしょう。
「短歌」は「和歌」に対するアンチテーゼから、カウンターとして発生したものなのです。その本質が相容れるはずもありません。

「手弱女」vs「益荒男」
「優雅」vs「平俗」
「印象」vs「写実」
「客観」vs「主観」…

とにもかくにも、反発し合う関係です。

そしてこの勝負、「短歌」の方に軍閥が上がりました。
明治という、急進的に欧米化を進めた時代も後押ししたのでしょう。
ただ不思議なのはその潮流が現代も続いていることです。

なぜでしょう。
人々は「優雅」を必要としなくなったのでしょうか?
そうは思えません。

であるとしたら、一つの仮説が浮かびます。
現代は和歌に歌う「自然」を失った、のではないか?

ビルが群生する都市に住む我々にとって、春を告げる「鶯」や秋の憂いを誘う「雁」などの景物を普段目にすることはありません。
季節の変化を知るのは、さしずめ「温度」と「イベント」といったところです。
これでは「和歌」を詠めなくて当然かもしれません。

しかし、殊更に嘆くことはないのです!
「歌人は歌枕によって名所を知る」という言葉があります。
平安歌人も屏風絵や庭園など作り物や創造の風景によって歌を詠んでいたのです。
平安京という大都市に住んでいながら、噂に聞く「逢坂の関」「吉野の桜」「富士の煙」を歌にしていたのだから、我々との感覚に大差はないのです。

そして、春には「桜」、秋には「月」が変わらずあり続けている。
これで十分、平安歌人と繋がっているではありませんか。

結論、やはり今でも耽美を求める「和歌」は詠めるのです。

(書き手:内田かつひろ)
605417

 

平成和歌所から本が出ました。その名も「百人一首の歌人列伝」!
百人一首は歌ではなく「歌人を楽しむ」ものです。厳選した百人一首二十歌人の面白エピソードと代表歌をぜひ知ってください。
これを読めば「はるか昔にいた正体不明のオジサン」だった歌人たちが、グッと身近に感じられることでしょう。
そして本書を読み終わった後、あらためて百人一首を一番から眺めてみてください。
王朝の歴史絵巻が紐解かれ、つまらなかったあの百首歌たちが息吹を宿し、断然おもしろく感じられるはずです。

【目次】
・権中納言定家(藤原定家) 「怒れる天才サラリーマン」
・鎌倉右大臣(源実朝) 「甘えん坊将軍、鎌倉の海に吠える」
・在原業平朝臣(在原業平) 「愛され続けるプレイボーイ」
・和泉式部 「恋にまっすぐな平安ジェンヌ」
・紀貫之 「雑草が咲かせた大輪の花」
・凡河内躬恒 「麗しき二番手の真価」
・西行法師 「出家はつらいよ、フーテンの歌人」
・小野小町 「日本的、恋愛観のルーツ」
・源俊頼朝臣 「閉塞感をぶち壊せ! 孤独なチャレンジャー」
・式子内親王 「色と光を自在に操る印象派の女王」
#コラムその1 百人一首とは「王朝の栄枯盛衰物語」である!
・後鳥羽院 「お前のものは俺のもの、中世のジャイアン」
・菅家(菅原道真) 「悲劇の唇が吹く イン・ア・サイレント・ウェイ」
・崇徳院 「ここではないどこかへ」
・清少納言 「元祖! 意識高い系OLの可憐なる日常」
・柿本人麻呂 「みんなの憧れ、聖☆歌人」
・権中納言敦忠(藤原敦忠) 「禁断と破滅、平安のロミオとジュリエット」
・中納言家持(大伴家持) 「流れるままに。家持たぬ家持の万葉オシャンティー」
・後京極摂政前太政大臣(九条良経) 「天才貴公子が奏でるロンリネス」
・伊勢 「女貫之の冷たい仮面」
・能因法師 「元祖旅の歌人のノー、インドア宣言! 」
・皇太后宮大夫俊成(藤原俊成) 「和歌界のゴッドファーザー」
#コラムその2 百人一首は「ジジイのための歌集」である!

わくわく和歌ワークショップ はじめての古今伝授と連歌会

平成和歌所では、誰でも歌を楽しめる「あさぎいろ連歌会(Word Association Game)」を行っています。日本語の「ことばあそび」を存分に楽しみましょう。

和歌マニア♪ 日本文化の王道をあそび倒す! ラジオ 和歌マニア♪

古典和歌を爆笑エンターテイメントとしてトコトン遊び倒していく番組です。 ニンマリ笑って、けっこうタメになる! 和歌DJウッチーこと「内田かつひろ」と英語講師「ろっこ(rocco)」の鋭い突っ込みでお送りします。

Youtubeで聴く iTunes Podcastで聴く
「写真歌会 あさぎいろ」
あなたも和歌・短歌を詠んでみませんか? 平安歌人になりきって「和歌」と四季折々の情景(写真)をご披露いただけます。