現代において「和歌」は詠むどころか、その単語自体を耳にすることも皆無です。
もしかして「和歌」は文化の絶滅危惧種ではなく、既に絶滅してしまったのでしょうか?
なにせ宮内庁で行われる伝統的な「歌会」においても、歌は「短歌」と記されているくらいですから。

念のため、何度もしつこいようですが「和歌」と「短歌」は180度異なるものです。
明治期になって「和歌」から「短歌」に変わった、というような解説は全くデタラメだと言っていいでしょう。
「短歌」は「和歌」に対するアンチテーゼから、カウンターとして発生したものなのです。その本質が相容れるはずもありません。

「手弱女」vs「益荒男」
「優雅」vs「平俗」
「印象」vs「写実」
「客観」vs「主観」…

とにもかくにも、反発し合う関係です。

そしてこの勝負、「短歌」の方に軍閥が上がりました。
明治という、急進的に欧米化を進めた時代も後押ししたのでしょう。
ただ不思議なのはその潮流が現代も続いていることです。

なぜでしょう。
人々は「優雅」を必要としなくなったのでしょうか?
そうは思えません。

であるとしたら、一つの仮説が浮かびます。
現代は和歌に歌う「自然」を失った、のではないか?

ビルが群生する都市に住む我々にとって、春を告げる「鶯」や秋の憂いを誘う「雁」などの景物を普段目にすることはありません。
季節の変化を知るのは、さしずめ「温度」と「イベント」といったところです。
これでは「和歌」を詠めなくて当然かもしれません。

しかし、殊更に嘆くことはないのです!
「歌人は歌枕によって名所を知る」という言葉があります。
平安歌人も屏風絵や庭園など作り物や創造の風景によって歌を詠んでいたのです。
平安京という大都市に住んでいながら、噂に聞く「逢坂の関」「吉野の桜」「富士の煙」を歌にしていたのだから、我々との感覚に大差はないのです。

そして、春には「桜」、秋には「月」が変わらずあり続けている。
これで十分、平安歌人と繋がっているではありませんか。

結論、やはり今でも耽美を求める「和歌」は詠めるのです。

(書き手:内田かつひろ)
605417


古今伝授と茶飲み連歌会
 
集まれ数寄者! 「はじめての古今伝授と茶飲み連歌会」

平成和歌所では、誰でも歌を楽しめる茶飲み連歌会を開催しています! 数寄に通じている人も、初心者の方も、誰もが楽しめる歌会です。一緒に風雅の誠を探求しましょう!


 
「四季を味わうルールブック」~古今和歌集で知る日本文化の基本~

「日本は四季が素晴らしい! 」なんて言葉をよく聞きます。
ではその素晴らしい四季、みなさん堪能していますか?
おそらく大半の方は、春の「お花見」、秋の「紅葉狩り」を楽しむ程度に終始しているかと思います。
しかし本来、日本の四季はもっと多様でもっと深く味わえるものなのです。
それで満足しているなんて、私としては「もったいない」としか言いようがありません。
みなさんが日本の四季を十分に味わえていないのには理由があります。
それは四季ひいては日本文化を鑑賞するための「ルールを知らない」のです。
そして他ならぬこのルールブックこそが「古今和歌集」なのです。

本書では古今和歌集の四季(春夏秋冬)歌に焦点を絞り、分かりやすく解説しています。
これをご覧いただき、日本の四季を堪能するための「基本ルール」を身に付けていただければ幸いです。


 
書籍版「百人一首の歌人列伝」

平成和歌所から本が出ました。その名も「百人一首の歌人列伝」!
百人一首は歌ではなく「歌人を楽しむ」ものです。厳選した百人一首二十歌人の面白エピソードと代表歌をぜひ知ってください。
これを読めば「はるか昔にいた正体不明のオジサン」だった歌人たちが、グッと身近に感じられることでしょう。
そして本書を読み終わった後、あらためて百人一首を一番から眺めてみてください。
王朝の歴史絵巻が紐解かれ、つまらなかったあの百首歌たちが息吹を宿し、断然おもしろく感じられるはずです。