3939702
X-MENやスパイダーマンなど、アメコミには様々な特殊能力をもったヒーローが登場しますが、実は古今和歌集にも驚きの特殊能力を複数併せ持つ凄腕が存在します。

それは誰あろう、秋を代表する鳥「雁」です!

「雁」は、春の「鶯」、夏の「ほととぎす」と並ぶ古今和歌集を代表する鳥のひとつ。
ただ鶯が「春を待ち望む姿」、ほととぎすが「鳴き声に懐かしい人を思い出す」といった定型的な詠み方をされるのに対し、雁は様々な趣向を凝らして詠まれます。で、その趣向がアメコミヒーローばりの特殊能力に溢れているのです。

今回はそんな「雁」の特殊能力を、歌と共にご紹介しましょう。

■能力1「目からインクビーム」
258「秋の夜の 露をば露と おきながら 雁の涙や 野辺を染むらむ」(壬生忠岑)
なんと! 雁の涙は野原を染めるのです、それも秋の色に。
(平安歌人は秋の夜露が、野原を秋色に染めると表現しました)

■能力2「巨大化」
212「秋風に 声を帆にあげて くる舟は 天の戸渡る 雁にぞありける」(藤原菅根)
なんと! 雁は空を渡る巨大な船に変化します。
(これは群れをなして飛ぶ姿を見立てたものです)

■能力3「時空ワープ」
30「春くれば 雁帰るなり 白雲の 道ゆきふりに ことやつてまし」(凡河内躬恒)
31「春霞 立つを見すてて ゆく雁は 花なき里に 住みやならへる」(伊勢)
鳥であれ花であれ、和歌の景物は基本的に詠まれる季節というものが決まっています。
ただ上の歌で分かるように、雁は「秋」だけでなく「春」でも詠まれています。
これは時空を超えたワープだ!
(これは「帰雁」といって、花も咲かぬ早春、北へ帰る雁の姿が詠まれます)

■能力4「脱力ボイス」
481「初雁の はつかに声を 聞きしより 中空にのみ 物を思ふかな」(凡河内躬恒)
雁の声を聞いただけで、脱力して心は上の空になってしまうのです! なんて恐ろしい。
(初雁の声を、初めて僅かに聞こえた愛しい人の声に例えた恋歌です。中空にもの思ふとは? まぁ要するに恋わずらいですね)

いかがでしたか?
アメコミヒーローも真っ青の、雁の特殊能力にさぞ肝を抜かれたことでしょう。
探してみればもっともっとありそうです。

(書き手:内田かつひろ)


古今伝授と茶飲み連歌会
 
集まれ数寄者! 「はじめての古今伝授と茶飲み連歌会」

平成和歌所では、誰でも歌を楽しめる茶飲み連歌会を開催しています! 数寄に通じている人も、初心者の方も、誰もが楽しめる歌会です。一緒に風雅の誠を探求しましょう!


 
「四季を味わうルールブック」~古今和歌集で知る日本文化の基本~

「日本は四季が素晴らしい! 」なんて言葉をよく聞きます。
ではその素晴らしい四季、みなさん堪能していますか?
おそらく大半の方は、春の「お花見」、秋の「紅葉狩り」を楽しむ程度に終始しているかと思います。
しかし本来、日本の四季はもっと多様でもっと深く味わえるものなのです。
それで満足しているなんて、私としては「もったいない」としか言いようがありません。
みなさんが日本の四季を十分に味わえていないのには理由があります。
それは四季ひいては日本文化を鑑賞するための「ルールを知らない」のです。
そして他ならぬこのルールブックこそが「古今和歌集」なのです。

本書では古今和歌集の四季(春夏秋冬)歌に焦点を絞り、分かりやすく解説しています。
これをご覧いただき、日本の四季を堪能するための「基本ルール」を身に付けていただければ幸いです。


 
書籍版「百人一首の歌人列伝」

平成和歌所から本が出ました。その名も「百人一首の歌人列伝」!
百人一首は歌ではなく「歌人を楽しむ」ものです。厳選した百人一首二十歌人の面白エピソードと代表歌をぜひ知ってください。
これを読めば「はるか昔にいた正体不明のオジサン」だった歌人たちが、グッと身近に感じられることでしょう。
そして本書を読み終わった後、あらためて百人一首を一番から眺めてみてください。
王朝の歴史絵巻が紐解かれ、つまらなかったあの百首歌たちが息吹を宿し、断然おもしろく感じられるはずです。