2913244
「夏」といえば、何を連想しますか?
現代の感覚でいえば、「海」「ひまわり」「かき氷」など、人それぞれ沢山の景物が挙げられそうです。

それでは古今和歌集的、夏といえば何か?
それは「ほととぎす」一択です。

この記事の音声配信「第31回 夏到来! 日本の夏、ほととぎすの夏」を
Youtubeで聴く
iTunes Podcastで聴く

古今和歌集の「夏」部の歌は34首しかありませんが、そのうちなんと28首に「ほととぎす」が登場するのです。
→関連記事「「夏、それは平安貴族の最たる苦痛」)」

これは「テッペンカケタカ」または「トッキョキョカキョク」などと真似される「ほととぎす」の曲(鳴き声)が、夏のあいだ延々と繰り返される、いわば「夏のヘビーローテーション!」といった感じですね。
ちなみに「新古今和歌集」になると、夏部に「五月雨」「蛍」「ひぐらし」なんてのも詠みこまれ、ほととぎす一辺倒だった偏りが解消されています。

さて、その「ほととぎす」の曲ですが、たんなる夏を飾る鳴き声にとどまらず、
なんと「思慕の念をかき立てる!」という効果を含んでいます。

143「ほととぎす 初声きけば あぢきなく 主さだまらぬ 恋せらるはた」素性法師
145「夏山に なくほととぎす 心あらば もの思ふ我に 声なきかせそ」(よみ人知らず)
162「ほととぎす 人まつ山に 鳴くなれば 我うちつけに 恋まさりけり」(よみ人知らず)

ほととぎすの声を聞くことで、恋心がさらに増してしまう…
そんな効果があることで、より深みのある歌になります。

また同じく夏の景物の一つ「橘」。これは「昔の人を思い出す」という効果があります。
139「五月待つ 花橘の 香をかげば 昔の人の 袖の香ぞする」(よみ人知らず)

このように和歌の代表的な景物には、ある決められた効果(設定)があるのが通例です。
これを知らないと正しく詠歌できないことはもちろん、歌の本意も理解できないという状態に陥ります。
和歌が教養を要するというのは、こういったルールを会得する必要があるからですね。
→関連記事「和歌と短歌の違い(2) ~歌ことば編~

ところで「ほととぎす」といえば、明治の歌人「正岡子規」が思い起こされます。
「子規」は「しき」と読みますが、これは「ほととぎす」に当てられた漢字の一つでもあります。
ちなみに「ほととぎす」には「郭公」、「子規」、「時鳥」、「杜鵑」、「杜宇」、「蜀魂」、「不如帰」、「霍公鳥」、「田鵑」といった沢山の漢字表記があります。

古今和歌集ならびに紀貫之を通例に批判した正岡子規が、その俳号に古今和歌集を代表する鳥を選んだことは、興味深い因縁ですね。
その由来は「血を吐くまで鳴く」と言われる「ほととぎす」と、結核になり吐血した自分を重ね合わせたから、と言われていますが、子規は純粋に「ほととぎす」に魅了されていたように思えます。
なぜなら子規が詠じた「ほととぎす」が、愛情とバラエティに富んでいるからです。

「松山市立子規記念博物館」のサイトで季語「時鳥」で検索すると、306件の俳句が閲覧できます。
その中で、私が選んだ子規の「ほととぎす」ベスト3をご紹介しましょう。
→「松山市立子規記念博物館

○「一声や大空かけてほとゝきす」
明治の俳句らしい、力強さのある「ほととぎす」です。

○「月もなし時鳥もなし風の音」
藤原定家にも通じる、寂寥感のある「ほととぎす」です。

○「ラムネの栓天井をついて時鳥」
いつそこにいた!? っていう感じで突拍子もなく現れる「ほととぎす」です。

春の「鶯(うぐいす)」と比べると、現代では少し馴染みの薄い「ほととぎす」。
でも本当は「夏のアイドル!」ってくらい魅力的な鳥だってこと、ぜひ知っておいてください。

ほととぎすの鳴き声を知らないという方は、Youtubeという便利なものでぜひお聴きください。

愛しい人が思い起こされましたか?

(書き手:内田かつひろ)


 
「四季を味わうルールブック」~古今和歌集で知る日本文化の基本~

「日本は四季が素晴らしい! 」なんて言葉をよく聞きます。
ではその素晴らしい四季、みなさん堪能していますか?
おそらく大半の方は、春の「お花見」、秋の「紅葉狩り」を楽しむ程度に終始しているかと思います。
しかし本来、日本の四季はもっと多様でもっと深く味わえるものなのです。
それで満足しているなんて、私としては「もったいない」としか言いようがありません。
みなさんが日本の四季を十分に味わえていないのには理由があります。
それは四季ひいては日本文化を鑑賞するための「ルールを知らない」のです。
そして他ならぬこのルールブックこそが「古今和歌集」なのです。

本書では古今和歌集の四季(春夏秋冬)歌に焦点を絞り、分かりやすく解説しています。
これをご覧いただき、日本の四季を堪能するための「基本ルール」を身に付けていただければ幸いです。


 
書籍版「百人一首の歌人列伝」

平成和歌所から本が出ました。その名も「百人一首の歌人列伝」!
百人一首は歌ではなく「歌人を楽しむ」ものです。厳選した百人一首二十歌人の面白エピソードと代表歌をぜひ知ってください。
これを読めば「はるか昔にいた正体不明のオジサン」だった歌人たちが、グッと身近に感じられることでしょう。
そして本書を読み終わった後、あらためて百人一首を一番から眺めてみてください。
王朝の歴史絵巻が紐解かれ、つまらなかったあの百首歌たちが息吹を宿し、断然おもしろく感じられるはずです。


わくわく和歌ワークショップ
 
はじめての古今伝授と連歌会

平成和歌所では、誰でも歌を楽しめる「あさぎいろ連歌会(Word Association Game)」を行っています。日本語の「ことばあそび」を存分に楽しみましょう。