百人一首について、みなさんはどんなイメージを持たれているでしょうか?
“平安貴族の絢爛豪華な歌集”とか、
“華やかな花鳥風月に彩られた歌集”など。

確かにこの歌からは絢爛な平安絵巻、なんて想像が膨らみます。
17「ちはやぶる 神代もきかず 龍田川 から紅に 水くくるとは」(在原業平)

紅葉が龍田川を「から紅」という鮮烈な色に染める。
さらに「ちはやふる」というマジックワード(枕詞)と、詠み人の「在原業平」は稀代の色男なんてオマケがついて、華やかさ満開の歌です。

この記事の音声配信「第29回 本当の百人一首は〇〇だった!?」を
Youtubeで聴く
iTunes Podcastで聴く

しかし! 大半の歌はこうではありません。
むしろ色彩のない、シブ~い世界が百人一首なのです。

それが端的に分かるのが「植物」です。

和歌では通常、四季折々の色彩豊かな草木が詠まれます。
春の「梅」「桜」「山吹」に、夏の「藤」「花橘」。秋は七草(萩、藤袴、女郎花…)に紅葉。

まさに色とりどり、華やかな花鳥風月が登場するのですが、翻って百人一首。
もちろん「桜」も「紅葉」もあります。
が、最も多く詠まれている植物は… なんと「雑草」なのです!

39「浅茅生の 小野の篠原 忍ぶれど あまりてなどか 人のこひしき」(参議等)
47「やへむぐら しげれる宿の さびしきに 人こそ見えね あきは来にけり」(恵慶法師)
51「かくとだに えやはいぶきの さしも草 さしもしらじな もゆる思ひを」(藤原実方朝臣)

「茅」「篠」「むぐら」「さしもぐさ」や「葦」「しのぶ」なんてのはいわゆる雑草の類です。
これらがなんと11首も詠まれ最多登場。ちなみに桜、紅葉はそれぞれ6首に止まります。

色がないのは何も「四季」の叙景に限りません、「恋」も同様です。

40「忍ぶれど 色に出にけり わが恋は 物や思ふと 人の問ふまで」(平兼盛)
これは「色が出ちゃった」歌ですが、裏を返すと平安歌人は恋愛に「色を出してはいけない」ことが分かります。

「忍ぶ」とか「待つ」とか「思う」とか…
百人一首には恋歌が43首ありますが、このように「感情」を表に出さない、
つまり「色」を出さない歌がその半数以上を占めるのです。

百人一首が絢爛豪華、なんてのは大間違いであることが分かりますね。
言うなればこの百首、「わび」「さび」といったいわゆる「閑寂の美」がつまった歌集なのです。

20「わびぬれば 今はたおなじ 難波なる みをつくしても 逢はむとぞ思ふ」(元良親王)
65「恨みわび 干さぬ袖だに あるものを 恋に朽ちなむ 名こそ惜しけれ」(相模)
82「思ひわび さても命は あるものを 憂きに堪へぬは 涙なりけり」(道因法師)

「わび」。和歌のそれは「恋の行き詰まりに苦悩する状態」です。
そんな沈鬱な状態に、「色」なんて表れるものではありませんね。

そして「さび」。
28「山里は 冬ぞ寂しさ まさりける 人目も草も かれぬと思へば」(源宗于朝臣)
47「八重むぐら 茂れる宿の 寂しきに 人こそ見えね 秋は来にけり」(恵慶法師)
70「寂しさに 宿を立ち出でて ながむれば いづくも同じ 秋の夕暮れ」(良暹法師)

人気のない山里、荒れた住まいで孤独に生きる、そんな寂寥の情景にふっと描かれる秋の色。
和歌の「さび」とは「対照の美」です。
貧しければ貧しいほど、日常の花が際立って美しくみえる…
そこに「色」、なんてのはかえって邪魔になるだけです。

「見渡せば 花も紅葉も なかりけり 浦の苫屋の 秋の夕暮れ」(藤原定家)
→関連記事「三夕の歌 ~秋の夕暮れベスト3~

千利休の秘伝書といわれる「南方録」には、この歌がわび茶の心であるという言葉(竹野紹鴎)が残されていますが、この歌の作者である藤原定家こそが、百人一首の撰者なのです。

定家が撰んだ百首の中には、「わび」とか「さび」といった明示的な言葉がなくとも「閑寂の美」が感じられる歌があります。

3「あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の ながながし夜を ひとりかも寝む」(柿本人麻呂)
5「奥山に 紅葉踏み分け 鳴く鹿の 声聞く時ぞ 秋は悲しき」(猿丸大夫)
34「誰をかも 知る人にせむ 高砂の 松も昔の 友ならなくに」(藤原興風)
45「あはれとも いふべき人は 思ほえで 身のいたずらに なりぬべきかな」(謙徳公)
56「あらざらむ この世のほかの 思ひ出に いまひとたびの 逢ふこともがな」(和泉式部)
66「もろともに あはれと思え 山桜 花よりほかに 知る人もなし」(前大僧正行尊)
68 「心にも あらで憂き世に 長らへば 恋しかるべき 夜半の月かな」(三条院)
83「世の中よ 道こそなけれ 思ひ入る 山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる」(皇太后宮大夫俊成)
84「長らへば またこのごろや しのばれむ 憂しと見し世ぞ 今は恋しき」(藤原清輔朝臣)
91「きりぎりす 鳴くや霜夜の さむしろに 衣かたしき ひとりかも寝む」(後京極摂政前太政大臣)
93「世の中は 常にもがもな 渚漕ぐ 海人の小舟の 綱手かなしも 」(鎌倉右大臣)
100「百敷や 古き軒端の しのぶにも なほ余りある 昔なりけり」(順徳院)

これらは一例ですが、百首の大半は「色」のないシブ~い歌たちです。

百人一首は子供向けの遊び、なんて捉えられている感がありますが、とんでもない。
年を経てこそ趣が堪能できる、寂れた秀歌集なのです。

→関連記事「百人一首はなぜつまらないか
(書き手:内田かつひろ)


古今伝授と茶飲み連歌会
 
集まれ数寄者! 「はじめての古今伝授と茶飲み連歌会」

平成和歌所では、誰でも歌を楽しめる茶飲み連歌会を開催しています! 数寄に通じている人も、初心者の方も、誰もが楽しめる歌会です。一緒に風雅の誠を探求しましょう!


 
「四季を味わうルールブック」~古今和歌集で知る日本文化の基本~

「日本は四季が素晴らしい! 」なんて言葉をよく聞きます。
ではその素晴らしい四季、みなさん堪能していますか?
おそらく大半の方は、春の「お花見」、秋の「紅葉狩り」を楽しむ程度に終始しているかと思います。
しかし本来、日本の四季はもっと多様でもっと深く味わえるものなのです。
それで満足しているなんて、私としては「もったいない」としか言いようがありません。
みなさんが日本の四季を十分に味わえていないのには理由があります。
それは四季ひいては日本文化を鑑賞するための「ルールを知らない」のです。
そして他ならぬこのルールブックこそが「古今和歌集」なのです。

本書では古今和歌集の四季(春夏秋冬)歌に焦点を絞り、分かりやすく解説しています。
これをご覧いただき、日本の四季を堪能するための「基本ルール」を身に付けていただければ幸いです。


 
書籍版「百人一首の歌人列伝」

平成和歌所から本が出ました。その名も「百人一首の歌人列伝」!
百人一首は歌ではなく「歌人を楽しむ」ものです。厳選した百人一首二十歌人の面白エピソードと代表歌をぜひ知ってください。
これを読めば「はるか昔にいた正体不明のオジサン」だった歌人たちが、グッと身近に感じられることでしょう。
そして本書を読み終わった後、あらためて百人一首を一番から眺めてみてください。
王朝の歴史絵巻が紐解かれ、つまらなかったあの百首歌たちが息吹を宿し、断然おもしろく感じられるはずです。