14475
4「雪の内に 春はきにけり うくひすの こほれる涙 今や溶くらむ」(二条の后)

「溶く」とは「溶ける」の古語です。
春になって暖かくなれば、池の氷や軒から下がる氷柱が融けることになんら違和感はありませんね。
しかし歌では「うぐいすの凍った涙」が溶けると詠んでいますから驚きです。

この歌には物語があります。春を象徴する鳥、うぐいすは冬の間その訪れを待ちに待っています、さながら愛しい人を待つように。目には涙がたまりやがてその滴は凍ってしまった。春が来た今、凍り付いたこの涙は融けるのだろうか。

実はこれを詠んだ二条の后(藤原高子)は、伊勢物語で在原業平と恋仲であったと語られています。そしてその関係は周囲の圧力によって引き裂かれたとも。高子が待ち望んだ春とはもしかして…。
歌の背景知ると、また別の物語を妄想できるのが和歌の面白いところです。

(書き手:内田かつひろ)
→「美しい日本語の四季一覧


古今伝授と茶飲み連歌会
 
集まれ数寄者! 「はじめての古今伝授と茶飲み連歌会」

平成和歌所では、誰でも歌を楽しめる茶飲み連歌会を開催しています! 数寄に通じている人も、初心者の方も、誰もが楽しめる歌会です。一緒に風雅の誠を探求しましょう!


 
「四季を味わうルールブック」~古今和歌集で知る日本文化の基本~

「日本は四季が素晴らしい! 」なんて言葉をよく聞きます。
ではその素晴らしい四季、みなさん堪能していますか?
おそらく大半の方は、春の「お花見」、秋の「紅葉狩り」を楽しむ程度に終始しているかと思います。
しかし本来、日本の四季はもっと多様でもっと深く味わえるものなのです。
それで満足しているなんて、私としては「もったいない」としか言いようがありません。
みなさんが日本の四季を十分に味わえていないのには理由があります。
それは四季ひいては日本文化を鑑賞するための「ルールを知らない」のです。
そして他ならぬこのルールブックこそが「古今和歌集」なのです。

本書では古今和歌集の四季(春夏秋冬)歌に焦点を絞り、分かりやすく解説しています。
これをご覧いただき、日本の四季を堪能するための「基本ルール」を身に付けていただければ幸いです。


 
書籍版「百人一首の歌人列伝」

平成和歌所から本が出ました。その名も「百人一首の歌人列伝」!
百人一首は歌ではなく「歌人を楽しむ」ものです。厳選した百人一首二十歌人の面白エピソードと代表歌をぜひ知ってください。
これを読めば「はるか昔にいた正体不明のオジサン」だった歌人たちが、グッと身近に感じられることでしょう。
そして本書を読み終わった後、あらためて百人一首を一番から眺めてみてください。
王朝の歴史絵巻が紐解かれ、つまらなかったあの百首歌たちが息吹を宿し、断然おもしろく感じられるはずです。