●6月6日
学校で逢えないから、
私の方から彼の家に来てしまった
「来ちゃった…」ってやつよ

でもいいよね? まがいなりにも私「彼女」なんだから

私的にはけっこう勇気を振り絞った行動だったんだけど
肝心の彼の部屋の灯りは真っ黒、
バイトの時間なのかなぁ…?

あーどうしよう。
帰ろうっかなぁ、もう少し待ってみようかなぁ

あと一分待ったら、彼が来るんじゃないかと思って
ついつい期待しちゃって帰れない

499「あしひきの 山ほととぎす 我がことや 君に恋つつ いねがてにする」(よみ人しらず)

●6月10日
最近、彼がぜんぜん会ってくれない
この前の「来ちゃった作戦」だって、結局失敗だったしね

つき合ってんのに逢えないってどういうことなんだろ
もうっ、ほんとモヤモヤして気持ち悪い感じ!
こんな思い、きっと誰も分かってくれないよね

もし、もし分かってくれるとしたら
ほととぎす

一晩中、お構いなしに鳴いている
あの鳥だけだったりしてね

578「我がことく 物やかなしき ほととぎす 時ぞともなく 夜ただ鳴くらむ」(藤原敏行)

●6月25日
わたし、彼のことぜんぜん知らないかも…
彼が昨日何したって、SNSの方がよっぽど教えてくれるもん

ほんとに私のこと好きなのかな?
付き合うって、冗談だったのかな?

都合のいい女ってことないよね?
それはさすがにムカつくよ!

いや、そんなこと絶対ない、、
だってあの日、本気でギュってしてくたもん!

はぁ~我ながらホントに疲れる、、、
毎晩眠れない堂々めぐり…

起きてたのか夢の中だったのかも分かんない
でも毎朝、濡れた枕に気づいて目が覚める

641「ほとときす 夢かうつつか あさつゆの おきて別れし 暁のこゑ」(よみ人しらず)

つづく…
(書き手:内田かつひろ)

「妄想女子の恋歌日記」一覧

この記事の音声配信「妄想女子の恋歌日記 ~恋怪しむ6月の巻~」を
Youtubeで聴く
iTunes Podcastで聴く

 
「四季を味わうルールブック」~古今和歌集で知る日本文化の基本~

「日本は四季が素晴らしい! 」なんて言葉をよく聞きます。
ではその素晴らしい四季、みなさん堪能していますか?
おそらく大半の方は、春の「お花見」、秋の「紅葉狩り」を楽しむ程度に終始しているかと思います。
しかし本来、日本の四季はもっと多様でもっと深く味わえるものなのです。
それで満足しているなんて、私としては「もったいない」としか言いようがありません。
みなさんが日本の四季を十分に味わえていないのには理由があります。
それは四季ひいては日本文化を鑑賞するための「ルールを知らない」のです。
そして他ならぬこのルールブックこそが「古今和歌集」なのです。

本書では古今和歌集の四季(春夏秋冬)歌に焦点を絞り、分かりやすく解説しています。
これをご覧いただき、日本の四季を堪能するための「基本ルール」を身に付けていただければ幸いです。


 
書籍版「百人一首の歌人列伝」

平成和歌所から本が出ました。その名も「百人一首の歌人列伝」!
百人一首は歌ではなく「歌人を楽しむ」ものです。厳選した百人一首二十歌人の面白エピソードと代表歌をぜひ知ってください。
これを読めば「はるか昔にいた正体不明のオジサン」だった歌人たちが、グッと身近に感じられることでしょう。
そして本書を読み終わった後、あらためて百人一首を一番から眺めてみてください。
王朝の歴史絵巻が紐解かれ、つまらなかったあの百首歌たちが息吹を宿し、断然おもしろく感じられるはずです。


わくわく和歌ワークショップ
 
はじめての古今伝授と連歌会

平成和歌所では、誰でも歌を楽しめる「あさぎいろ連歌会(Word Association Game)」を行っています。日本語の「ことばあそび」を存分に楽しみましょう。