●5月1日
あ~もうめんどくさい
あたしと彼はめっちゃラブラブだっていうのに、あの取り巻きどもよ
「これ以上、彼に近づくな!」ってこれって脅しじゃない?

そんなもんに私たちが屈するわけないんだけどさ
なんか面倒になるもヤだから
やっぱ内緒で付き合おうってことにしたの
だからさ、私は彼のこと、人にいっさい話さないよ

でもね。思い出しちゃうときは、常盤の山の岩つつじじゃないけど
言わないから、よけいに恋しいんだよね

495「思ひいづる ときはの山の いはつつじ いはねはこそあれ 恋しきものを」(よみ人しらず)

●5月23日
もう夏だってのに
私たちの内緒の恋はくすぶったまま

いつまで私はひっそりと想ってなきゃならないのよ!
これじゃ夏の蚊遣火(かやりび)じゃない

彼がモテるってのは、大変よ
あ、分かった? ちょっと自慢はいったの(笑

500「夏なれば 宿にふすぶる 蚊遣火の いつまてわが身 下燃もえをせむ」(よみ人しらず)

●5月29日
内緒にするって決めてから
なんだがよけいに苦しくなった気がする…

だってさ、学校でたまにすれ違ったりするのに
まるっきし無視しなきゃいけないんだよ
彼は平気なのかな?

私は苦しくて、恥ずかしくて
末摘花みたいに
真っ赤になって顔に出てると思うんだけどね

496「人しれず 思へば苦し 紅の すゑつむ花の 色に出でなむ」(よみ人しらず)

つづく…
(書き手:内田かつひろ)

「妄想女子の恋歌日記」一覧

この記事の音声配信「妄想女子の恋歌日記 ~恋しのぶ5月の巻~」を
Youtubeで聴く
iTunes Podcastで聴く

古今伝授と茶飲み連歌会
 
集まれ数寄者! 「はじめての古今伝授と茶飲み連歌会」

平成和歌所では、誰でも歌を楽しめる茶飲み連歌会を開催しています! 数寄に通じている人も、初心者の方も、誰もが楽しめる歌会です。一緒に風雅の誠を探求しましょう!


 
「四季を味わうルールブック」~古今和歌集で知る日本文化の基本~

「日本は四季が素晴らしい! 」なんて言葉をよく聞きます。
ではその素晴らしい四季、みなさん堪能していますか?
おそらく大半の方は、春の「お花見」、秋の「紅葉狩り」を楽しむ程度に終始しているかと思います。
しかし本来、日本の四季はもっと多様でもっと深く味わえるものなのです。
それで満足しているなんて、私としては「もったいない」としか言いようがありません。
みなさんが日本の四季を十分に味わえていないのには理由があります。
それは四季ひいては日本文化を鑑賞するための「ルールを知らない」のです。
そして他ならぬこのルールブックこそが「古今和歌集」なのです。

本書では古今和歌集の四季(春夏秋冬)歌に焦点を絞り、分かりやすく解説しています。
これをご覧いただき、日本の四季を堪能するための「基本ルール」を身に付けていただければ幸いです。


 
書籍版「百人一首の歌人列伝」

平成和歌所から本が出ました。その名も「百人一首の歌人列伝」!
百人一首は歌ではなく「歌人を楽しむ」ものです。厳選した百人一首二十歌人の面白エピソードと代表歌をぜひ知ってください。
これを読めば「はるか昔にいた正体不明のオジサン」だった歌人たちが、グッと身近に感じられることでしょう。
そして本書を読み終わった後、あらためて百人一首を一番から眺めてみてください。
王朝の歴史絵巻が紐解かれ、つまらなかったあの百首歌たちが息吹を宿し、断然おもしろく感じられるはずです。