平成和歌所とは

壊すべき古典を、あなたは持っているか?

古典そして伝統とは何か? それは古人によって築かれた原則である。
人間はこれを壊しては創り直してきたが、この爪痕を文化という。
こと日本において、文化がドラスティックに刷新され続けたのが「詩歌」である。

プリミティブな「万葉歌」、大和人としての意識に目覚めた「古今歌」、耽美を極めた「新古今歌」、滑稽を旨とした「俳諧連歌」、生活に美を見出した「蕉風俳諧」そして「写生歌」をへて個人主義偏重の「現代短歌」に至る。
詩歌変遷の歴史は、そのまま日本文化の歴史といって過言ではない。詩歌は絶えず日本文化の中心であり、ここで紡がれた物語が書画、芸事などに展開していったのだ。

しかし今、果たして文化の中心にこれがあるだろうか? 私にはそうは思えない。
俳句や短歌は趣味人の遊びとしてはあるが、かつての輝きは失せ、はるか遠い場所で沈みゆくように見える。
いやそもそも、現代の日本文化に中心になどあるのだろうか? そしてそれは革新があるのか?
答えは否だ。そしてその理由を述べるのなら、日本文化の原動力たる詩歌が動かないから、私はそう考える。

では詩歌はなぜ動かない?
それは良くも悪くも古典がなくなったからである。
いつの時代も古典はつまらないものとして確固たる地位にあった。定家も芭蕉も子規も、これを否定して革新を得てきたのだ。
しかし! 今はその壊すべき古典がない。だから現代の詩歌、例えば短歌などは徒手空拳、テーマもないまま自分語りに終始する。

私は熱望する。日本文化よ面白くなれ!
それにはまず詩歌だ。そしてお分かり頂けただろう、詩歌を楽しむためにはなにより古典が必要なのだ。それが古典和歌であり、つまるところ「万葉集」であり初代勅撰集「古今和歌集」なのである。

定家も芭蕉も子規もそして塚本邦雄も、みな古典和歌を消化して独創的な作品を顕した。
寄り添うのか、踏み潰すのか。古典をどう料理するかは自分次第。まずは日本文化のフィールドに立つために、つまらない古典和歌に親しんでみようじゃないか。

(書き手:和歌DJうっちー)

→「平成和歌所の歌会・和歌教室、和歌Bar
(和歌DJうっちー/内田かつひろ)

寄人紹介

こんにちは、わたくし「平成和歌所」の寄人、和歌DJうっちーこと内田かつひろと申します。生まれと育ちは須佐之男命はじめ柿本人麻呂また後鳥羽院など和歌との因縁深い島根県です。
私は国文学者でもなければ専門歌人でもありませんが、和歌に寄せる憧憬はだれにも負けぬ自負と誇りを胸に、「古典和歌を現代のエンターテインメントとして遊び尽くさん」と、自由闊達まじめに取り組んでいます。
ぜひみなさま、一緒に和歌のそして風雅の道を楽しみましょう。

「内田かつひろ/和歌DJうっちー」の作品

和歌集「猿啼奥出雲集」
かな(かなグラフィー)
■出版物(出版社「歌林苑」)

「秘伝☆古今伝授」

 

「四季を味わうルールブック」

 

「百人一首の歌人列伝」

歌会・和歌教室、和歌bar開催中!

平成和歌所では、和歌の基本を学び歌作りに挑戦する「歌会(連歌会)」「和歌教室」や古典ファンなら誰でも楽しめる「交流イベント(和歌bar)」を開催しています。
ぜひ一緒に和歌文化を楽しみましょう♪
詳細、お申込みはこちら

「ラジオ和歌マニア」配信中!

日本文化の王道「和歌」を爆笑エンターテイメントとしてトコトン遊び倒していく番組です。
春夏秋冬の「雪月花」や「恋」の話など、ニンマリ笑って、ちょっとタメになる。
「和歌DJうっちー」の分かりやすい解説(妄想含む)と日本文化イングリッシュ講師「ろっこ」の鋭い突っ込みでお送りします。

Youtubeで聴く
iTunes Podcastで聴く

お問い合わせ

「お問い合わせ」はこちら

→「令和歌合せ(卯月の会)」4/28(日)9:50~11:50