和歌の入門教室 「倒置法」

歌の語や文節を普通の順序とは逆にする表現です、「倒置法」とは。 と、このように使います。 言いたいことを最後に持ってくることで、読み手の意識を誘います。 倒置法…

和歌の入門教室 「体言止め」

「体言止め」を知る前に、まず「体言」を知らなければなりません。 体言とは自立語の中で活用がないものとされています。まあ簡単にいうと「名詞、代名詞」のたぐいです。…

和歌の入門教室 「擬人法」

擬人法とは人間でない事物をあたかも人間のように例える表現です。 あえて説明するまでもありませんね。 たとえば「グーグル先生」は体言として、「スマホが死んだ」は用…

和歌の入門教室 「本歌取り」

先般、2020年東京オリンピック公式エンブレムのパクり騒動なんてのが世間を騒がせましたが、和歌の世界では「パクり」にも似た行為が横行してることをご存知でしょうか…

和歌の入門教室 「見立て」

見立てとは、ある対象を別のものに言い換えて表現することです。 取り立てて難しい話ではなく、日本一高い電波塔を空まで届く木になぞらえ「スカイツリー」と命名するよう…

和歌の入門教室 「折句」

「折句」は、和歌の中に別の意味を持つ言葉を織り込む言葉遊びです。 似たような技法に「物名」がありますが、「折句」は「5.7.5.7.7」の各句頭に折り込むのが特…

和歌の入門教室 一覧

和歌は「31文字」という限られた字数で、恋する人に思いを伝える手段にもなれば、言葉遊びとして大人数で楽しむことも出来ます。それもこれも和歌に共通のルールがあるか…