和歌を知る

「妄想女子の恋歌日記」~恋待ちきれぬ10月の巻~

●10月10日 あの有明の朝から 彼とはほとんど会ってない 今日も友達と予定があるとかって みじかいLINEが来た 彼はこんな一文で済ませてくるけど 私はもっともっと話がしたい こんなに好きだってこと、全力で伝えたい 会
...続きを読む
和歌を知る

「妄想女子の恋歌日記」~恋いざよふ9月の巻の巻~

●9月16日(あした~ゆふ) 有明月の下、彼が 「今夜も来るよ!」 って別れてから、別れた瞬間から、 彼に会いたくて、寂しくて 気がつくと泣いている もう夕方、 ひぐらしが鳴いている もうすぐ会えるよね? 771「今こむ
...続きを読む
和歌を知る

「妄想女子の恋歌日記」~恋あくがるる8月の巻~

●8月7日 彼と出会って、なんだかんだでもう半年 初めての一目惚れ ずっと遠くから憧れてた まさか付き合えるなんて、思ってなかったけどね 不思議なのはあの頃のドキドキが 今も続いてるってこと 初めて聞いた彼の声 ずっと耳
...続きを読む
和歌を知る

「妄想女子の恋歌日記」~恋自嘲する7月の巻~

●7月7日 今日が何の日だって? ホント考えたくない 知ってるわよ一年に一度の、でしょ? 願い事はあるよ、もちろん 彼ともっともっと仲良くなりたい でもどうせ叶わない わたし、天の川なんて見たことないし 世界中で、こんな
...続きを読む
和歌を知る

「妄想女子の恋歌日記」~恋怪しむ6月の巻~

●6月6日 学校で逢えないから、 私の方から彼の家に来てしまった 「来ちゃった…」ってやつよ でもいいよね? まがいなりにも私「彼女」なんだから 私的にはけっこう勇気を振り絞った行動だったんだけど 肝心の彼の部屋の灯りは
...続きを読む
和歌を知る

「妄想女子の恋歌日記」~恋しのぶ5月の巻~

●5月1日 あ~もうめんどくさい あたしと彼はめっちゃラブラブだっていうのに、あの取り巻きどもよ 「これ以上、彼に近づくな!」ってこれって脅しじゃない? そんなもんに私たちが屈するわけないんだけどさ なんか面倒になるもヤ
...続きを読む
和歌を知る

「妄想女子の恋歌日記」~恋初めし2月の巻~

●2月4日「はつかに見えし君」 一目ぼれ。 私がそんなことなんて、絶対ないって思ってた。 今でも信じられない、、なぜって… あの人を見たのはほんのわずかだった そう、雪の間をかきわけ生えてくる 春の若葉の様に! ほんの僅
...続きを読む
和歌を書く

古今和歌集 恋歌残酷物語 その35「人生を、今はじめて振り返る」

825「わすらるる 身をうちはしの 中たえて 人もかよはぬ 年そへにける」(よみ人しらす) 826「あふ事を なからのはしの なからへて こひ渡るまに 年そへにける」(坂上是則) ———
...続きを読む
和歌を書く

古今和歌集 恋歌残酷物語 その33「身にしむ秋風ぞ吹く」

777「こぬ人を まつゆふくれの 秋風は いかにふけはか わひしかるらむ」(よみ人しらす) 783「人を思ふ 心のこのはに あらはこそ 風のまにまに ちりみたれめ」(小野貞樹) 787「秋風は 身をわけてしも ふかなくに
...続きを読む
和歌を書く

古今和歌集 恋歌残酷物語 その30「恋はまぼろし」

724「陸奥の しのぶもぢずり たれゆゑに みだれむと思ふ 我ならなくに」(源融) 725「おもふより いかにせよとか 秋風に なひくあさちの 色ことになる」(よみ人しらす) 729「色もなき 心を人に そめしより うつ
...続きを読む
和歌を書く

古今和歌集 恋歌残酷物語 その27「愛こそすべて」

684「春霞 たなひく山の さくら花 見れともあかぬ 君にもあるかな」(友則) 686「かれはてむ のちをはしらて 夏草の 深くも人の おもほゆるかな」(凡河内躬恒) 688「思ふてふ 事のはのみや 秋をへて 色もかはら
...続きを読む
和歌を書く

古今和歌集 恋歌残酷物語 その26「秘密は白日の下に」

670「枕より 又しる人も なきこひを 涙せきあへす もらしつるかな」(平貞文) 674「むらとりの たちにしわか名 今更に ことなしふとも しるしあらめや」(よみ人しらす) 675「君により わかなは花に 春霞 野にも
...続きを読む