和歌を知る

初夏のパープルヘイズ ~「あやめ」と「紫草」の秘密~

和歌の春。 残雪と若葉のみずみずしいコントラスト。木々を染める薄紅の艶やかな色どり。 心も踊る鮮やかな色彩が季節を染めます。 同じく夏。 その初旬を染めるのは「藤」や「あやめ」に見える「紫」です。 でもこの「紫」、なんだ
...続きを読む
和歌を知る

建国記念の日に知っておきたい! 天皇と和歌

2月11日は「建国記念の日」です。 日本の建国をしのぶ日ですから、成人の日や敬老の日と違ってあまねく日本国民にとっての祝日です。 ただこの「建国」、何をもって定義されているかご存知でしょうか? それはなんと、初代天皇「神
...続きを読む
和歌を知る

「定家vsマラルメ」世紀を超えた対決! 象徴歌の魅力に迫る

「春の夜の 夢の浮き橋 途絶えして 峰に分かるる 横雲の空」(藤原定家) 新古今和歌集にも採られた藤原定家を代表するこの歌、何とも言えない美しい情景がイメージされます。 そう「何とも言えない」、これが定家歌の最大の特徴で
...続きを読む
和歌を知る

百人一首とは「王朝の栄枯盛衰 物語」(のダイジェスト版)である!(百人一首その2)

百人一首は和歌史におけるレジェンド、藤原定家が選出した和歌のベストオブベストです。 いわゆる百首歌というのは珍しくないのですが、それらはたいてい一人で百首詠んだもの。 定家の百人一首はその名のとおり、百人の歌がそれぞれ一
...続きを読む
和歌の入門教室

和歌と短歌の違い(1) ~「歌の心」編~

和歌と短歌はいずれも三十一文字(みそひともじ)の韻文、ですがその歌風は大きく異なります。 というわけで今回は和歌と短歌における詠むべき心情、いうなれば「歌の心」の違いで遊んでみたいと思います。 ※ここでいう「短歌」とは、
...続きを読む
和歌を知る

「ザ・ビートルズ」で知る万葉集、古今和歌集、新古今和歌集の違い

和歌の歌風、スタイルは大ざっぱに「万葉風」「古今風」「新古今風」と三種類に分けられることが多いです。 これら「万葉集」「古今和歌集」「新古今和歌集」の3つはいわゆる和歌「三大集」と呼ばれ、数ある和歌集のなかでも特に重要視
...続きを読む
和歌を知る

貫之様にインタビューしてみた ~古今和歌集 仮名序妄訳~

みなさまこんにちは、平成和歌所を運営しております内田かつひろです。 今日はスペシャルゲストにあの「○貫之」様をお招きしました。 古今和歌集に対する思いをいろいろと聞いてみたいと思います。 内田かつひろ ※以下(か):こん
...続きを読む
和歌を知る

桜の愛され方

万葉の時代から今に至るまで、桜は特別な花として日本人に愛されてきました。 →関連記事「桜はいつ日本の花になったのか」 ただその愛され方は、時代によって異なります。 今では花の下で宴会をしたり卒業や入学などの門出を彩る花と
...続きを読む