忘れめや葵を草にひき結びかりねの野辺の露のあけぼの(式子内親王)

今日までの葵歌でこれが「逢う日」に掛かり、また御神紋である「賀茂神社」と縁が深いことがお分かり頂けただろう。ところで賀茂神社といえば、和歌ファンであれば彼女を思い起こさずにいられない、「式子内親王」だ。 式子は十代の多感...

古のあふひとびとは咎むともなほそのかみの今日ぞ忘れぬ(藤原実方)

昨日ご紹介したように「葵」は大抵「逢う日」と掛けられる、ゆえにその歌は恋になる傾向が高い。今日も恋の部から、出展は新古今和歌集である。『前に関係した女どもは怒るかもしれんなぁ、でも昔の祭りで出会った女、あいつはまじで別格...

神祀る宿の卯の花しろたへの御手座かとぞあやまたれける(紀貫之)

今日の詠み人は紀貫之、十八番の見立てであるが少し分かりづらい。それは卯の花に見立てた「御手座」にある。御手座は「みてぐら」と読み神前に供える布・切地を指す、「幣(ぬさ)」と言い換えた方がイメージしやすいかもしれない。この...

夕月夜ほのめく影も卯の花の咲けるわたりはさやけかりけり(三条実房)

和歌では白さを讃える場合、同じく白きものと合わせて相乗効果を得るか、夜の闇にあって際立つ様を詠むことが多い。前者は「白菊に置く霜」などが知られるだろう、今日の歌は後者に近い場面でその美しさが詠まれている。 光と闇が交代す...

雪の色を奪ひて咲ける卯の花に小野の里人冬ごもりすな(藤原公実)

今日から歌群は卯月の由来となった「卯の花」、ようやく夏らしくなってきた。ちなみにこの白い花の正式名称は「ウツギ」である、また豆乳の搾りかすでもない。 さて、今日の歌の見どころは「奪ふ」にある。美しい花の白さは雪から奪った...

あはれてふことを数多にやらじとや春に遅れてひとりさくらむ(紀利貞)

立夏を過ぎて季節は変わったはず、だった。しかし昨日までの更衣数首をみて分かるように、いつまでも湿っぽく「春」を詠みこんで花を忘れられないでいる。極め付きは今日の歌だ。『感嘆を独占しようと、ひとつこの桜は遅れて咲いたのだろ...

→「令和の歌合せ(皐月の会)」5/26(日)10:00~12:00