定家明月記私抄

定家の日記「明月記」ですが、読みたいと思ってもなかなかちょうどいい本がありません。
見つけても玄人向けだったり、そもそも50年間の日記ですから大長編です。
そんな中、見つけたのがこの「定家明月記私抄」(堀田善衛著)。
はっきりいってこんなに素晴らしい書籍はありません!
定家の人物像はもちろん、生きた時代の文化・社会が細やかに描写されています。
まさに知の宝庫といった感じです。
定家のみならず中世日本に興味がある人はぜひ読んでほしい一冊です。


定家明月記私抄 (ちくま学芸文庫)
堀田 善衛 (著)