「源氏物語」訳本

今回は、お勧めの「源氏物語」訳本をご紹介します。
漫画や「○日で読破」という簡易な本で得られることはやはりそれなりです。
いろんな方が訳本を出しているので、ざっと読み比べ、文体など自分の好みにあった訳本を読んでみるといいです。

「窯変源氏物語」

窯変と題されるとおり、単なる現代語訳ではなく著者である橋本氏の色に染められた源氏物語です。
原作を補完するかのような、著者独自の美しい風景描写も魅力ですが、なんといってもこの本の魅力は、ストーリーが光源氏の語りによって進行していくところです。
これによって、光源氏ひいてはそれと関わっていく多数のキャラクター達へ、自然と感情移入出来てしまうのです。
これは他の源氏物語の訳本にない大きな特長です。他本で挫折した方には、是非この「窯変源氏物語」をお勧めします。

窯変 源氏物語〈1〉
橋本 治

「源氏物語 (ちくま文庫)」

こちらは源氏物語の訳本なのですが、著者の解説が細かく挿入されていて、それだけ読んでいても十分面白いです。
とくに下ネタに関する解説には力が入っています!

源氏物語〈第1巻〉桐壺~賢木 (ちくま文庫)
大塚 ひかり