/【和歌マニア(第32回)】百人一首を本気で楽しむ。その1「王朝伝説の始まり(第1~10番)」

【和歌マニア(第32回)】百人一首を本気で楽しむ。その1「王朝伝説の始まり(第1~10番)」

退屈な百人一首を本気で楽しむ企画! 1回目は第1~10番の歌をご紹介します。テーマは「王朝の始まりと伝説の歌人」。なぜ百人一首は「天智天皇」で始まり「順徳院」で終るのか? それは平安王朝の栄枯盛衰物語だから。百人一首成立の背景と定家の意図を探ります!

♪放送で紹介した和歌
「秋の田の かりほの庵の とまをあらみ わがころもでは 露にぬれつつ」
「春すぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山」
「足引きの 山鳥の尾の しだりおの ながながし夜を ひとりかもねん」
「田子の浦に うち出てみれば 白妙の ふじのたかねに 雪はふりつつ」
「おくやまに 紅葉ふみわけ 鳴く鹿の 声きく時ぞ 秋は悲しき」
「かささぎの わたせる橋に 置く霜の 白きを見れば 夜ぞふけにける」
「天の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に いでし月かも」
「わが庵は 都のたつみ しかぞすむ 世をうぢ山と 人はいふなり」
「花の色は うつりにけりな いたづらに わが身よにふる ながめせしまに」
「これやこの 行くも帰るも 別れては しるもしらぬも 逢坂の関」


古今伝授と茶飲み連歌会
 
歌会、和歌教室

平成和歌所では、誰でも楽しめる「和歌教室」&「歌会(連歌会)」を開催しています。和歌ならではの修辞法から四季の感じ方を学び、自分オリジナルの詠歌をしてみましょう。


 
「四季を味わうルールブック」~古今和歌集で知る日本文化の基本~

「日本は四季が素晴らしい! 」なんて言葉をよく聞きます。
ではその素晴らしい四季、みなさん堪能していますか?
おそらく大半の方は、春の「お花見」、秋の「紅葉狩り」を楽しむ程度に終始しているかと思います。
しかし本来、日本の四季はもっと多様でもっと深く味わえるものなのです。
それで満足しているなんて、私としては「もったいない」としか言いようがありません。
みなさんが日本の四季を十分に味わえていないのには理由があります。
それは四季ひいては日本文化を鑑賞するための「ルールを知らない」のです。
そして他ならぬこのルールブックこそが「古今和歌集」なのです。

本書では古今和歌集の四季(春夏秋冬)歌に焦点を絞り、分かりやすく解説しています。
これをご覧いただき、日本の四季を堪能するための「基本ルール」を身に付けていただければ幸いです。


 
書籍版「百人一首の歌人列伝」

平成和歌所から本が出ました。その名も「百人一首の歌人列伝」!
百人一首は歌ではなく「歌人を楽しむ」ものです。厳選した百人一首二十歌人の面白エピソードと代表歌をぜひ知ってください。
これを読めば「はるか昔にいた正体不明のオジサン」だった歌人たちが、グッと身近に感じられることでしょう。
そして本書を読み終わった後、あらためて百人一首を一番から眺めてみてください。
王朝の歴史絵巻が紐解かれ、つまらなかったあの百首歌たちが息吹を宿し、断然おもしろく感じられるはずです。