和歌(習志野)「大原の みやのくろ影 色づけば みもみのもみじ みちにけるかも」

「おおはらの みやのくろかげ いろづけば みもみのもみじ みちにけるかも」(和歌DJうっちー) 習志野市実籾にある「大原大宮神社」には、古事記では日本創生の父母と伝えられる伊弉諾(いざなぎ)と伊弉冉(いざなみ)が祭られて...

和歌(平成題詠)「泡立てる 夜景の波を 乗り越えて いざ板に立つ 秋の夜の月」

■中秋の名月を詠める 「あわだてる やけいのなみを のりこえて いざいたにたつ あきのよのつき」(和歌DJうっちー) 月が夜の主役だった時代は遠い昔。 今やビルの夜景の星々にその座を奪われてしまいました。 しかし、そんな...

和歌(奥出雲)「奥山の 秋は短し 舌震い たきつ流れに 紅葉も逃げる」

「おくやまの あきはみじかし したぶるい たきつながれに もみじもにげる」(和歌DJうっちー) 「鬼の舌震」は斐伊川の支流馬木川の急流が岩を削ってつくりだした、2~3kmにわたる大渓谷です。 その名のとおり、鬼もビビる凄...