和歌(習志野)「谷津干潟 貫く喧騒 音もなく 羽掻く鴫の 秋の夕暮れ」

「やつひがた つらぬくけんそう おともなく はねかくしぎの あきのゆうぐれ」(和歌DJうっちー) 谷津干潟は、習志野市谷津にある約40haの干潟です。 東京湾の干潟は高度経済成長期にそのほとんどが埋め立てられてしまいまし...

源氏の恋文「黄昏の夕顔」

お便りありがとうございます こんなにも美しく書き流した文は見たことがありません あなたからの恋文と受け取ってよいのでしょうか 「寄りてこそそれかとも見め黄昏に ほのぼの見つる花の夕顔」 なにぶん噂ばかりで恋のやり取りに不...

和歌(奥出雲)「ぼんぼりの 灯りにそまる 奥出雲 まぼろしの城 戻らない夏」

「ぼんぼりの あかりにそまる おくいずも まぼろしのしろ もどらないなつ」(和歌DJうっちー) 毎年8月24、25日は奥出雲町三成で愛宕まつりが開催されます。 奥出雲町最大の地区、三成での年に一度の大イベントです。 花火...

和歌(句題仏詩)『悪の花』「地獄に堕ちた女たち」その1

「血まみれの 園に咲きける 薔薇二輪 絡まる棘に 愛撫する声」 「咲きそめし 男を知らぬ 妹は おもむくままに 唇交わす」 「満たされて ヨダレまみれる 姉の顔 戦慄おぼゆ 清らな思い」 (Katsuhiro) ■本歌 ...