和歌(平成題詠)「いざ春陽 天に戻りて 地を照らし 緑と黒を 鮮やかに分かつ」

【春の陽差し眩い日によめる】 「いざはるひ てんにもどりて ちをてらし みどりとくろを あざやかにわかつ」(内田かつひろ) はじめての古今伝授と連歌会 平成和歌所では、誰でも歌を楽しめる「あさぎいろ連歌会(Word As
...続きを読む

和歌(奥出雲)「音もなく 峰に宿れる 白雲の 眠りを覚ます 鶯の声」

「おともなく みねにやどれる しらくもの ねむりをさます うぐひすのこえ」(内田かつひろ) 奥出雲の春。 厳しい冬を越え、穏やかな日差しが山々を包む。 そこにあるのはうぐいすの一声のみ。 山々に春の知らせが駆ける。 はじ
...続きを読む

和歌(習志野)「久方の 空立つ雲雀が 初歌を 奏の杜に 春を届ける」

「ひさかたの そらたつひばりが はつうたを かなでのもりに はるをとどける」(内田かつひろ) 歌意:「奏(かなで)の杜」は、習志野市で目下再開発中のエリア。巨大なマンションが続々と建設され、平日は重機の轟音が鳴り響いてい
...続きを読む
V系 恋歌

和歌(V系恋歌)「行方なく 永遠になかるる 涙川 せき留めなん 青色の薔薇」

「ゆくへなく とわになかるる なみだがわ せきとどめなん あおいろのばら」(内田かつひろ) 終わらない悲しみよ 青い薔薇に姿を変え とめどなく流れるこの涙 どうかせき留めておくれ 【本歌】 XJAPAN『Tears』の歌
...続きを読む
和歌を詠む

和歌(平成題詠)「トワイライト 後朝の色は 忘れじの たびを重ねた 思い出とせむ」

けど…) 【トワイライトエクスプレスの運行終了をよめる】 「とわいらいと きぬぎぬのいろは わすれじの たびをかさねた おもいでとせむ」(内田かつひろ) 去る3月13日、札幌と大阪を結ぶ寝台列車「トワイライトエクスプレス
...続きを読む

和歌(奥出雲)「要害の 頂きありし 山桜 我にのみとて 秘して咲かなむ」

「ようがいの いただきありし やまさくら われにのみとて ひしてさかなむ」(内田かつひろ) 要害山は奥出雲町三沢地区にあるひっそりとした山城です。 小学生のころ何度か登り、その頂から見下ろした、山々の連なりの美しさに感動
...続きを読む

和歌(平成題詠)「春雨に 足元濡るる 帰り道 散りぬる花を 踏みていくかな」

【題:夜、春雨の降りけるをよめる】 「はるさめに あしもとぬるる かえりみち ちりぬるはなを ふみていくかな」(内田かつひろ) まだ桜も咲いていないのに、早速、花が散ってしまった歌を詠みました。 しかし、これこそが古今和
...続きを読む
V系 恋歌

和歌(V系恋歌)「偽りの 薔薇の花束 抱きしめて 孤独に濡らし 紅に染む」

「いつわりの ばらのはなたば だきしめて こどくにぬらし くれないにそむ」(内田かつひろ) 幻覚の愛に苦しみ悶える。 繰り返す孤独にもう耐えきれない。 何処かにこの苦しみを愛せる場所はあるのか? 【本歌】 XJAPAN『
...続きを読む

和歌(V系恋歌)「長雨の ふるえる身体 包まなむ 過ぎさりし日と 記憶の薔薇に」

「ながあめの ふるえるからだ つつまなむ すぎさりしひと きおくのばらに」(内田かつひろ) V系に欠かせない花、それはやはり「薔薇」。 その妖艶な色と香が愛しい人の記憶を優しく包む。 それは古今和歌集の「梅」のよう。 春
...続きを読む
V系 恋歌

和歌(V系恋歌)「来ぬ人の 姿は涙に かすれども 記憶に描いた 薔薇は忘れじ」

「こぬひとの すがたはなみだに かすれども きおくにえがいた ばらはわすれじ」(内田かつひろ) もう逢えない、愛しい人との間は錆びついてしまっても。 美しい思い出だけは忘れない。 【本歌】 XJAPAN『Rusty Na
...続きを読む